自分でできる肌のお手入れ方法とは?これであなたも若肌に!

若くみられたい・・・それは女性であればいつまでも抱いている願望。しかしそんな願いとは裏腹に身体は確実に老化していきます。この事実ばかりはどれだけあがいたところで変わることはありません。

 

しかし老化の速度を少しでも遅らせることは出来ます。日頃のケアを徹底して身体をしっかりとフォローしてあげれば、40代50代と年をとればとるほどその差は明らかになっていきます。もし40代、50代になってからあの時やっていれば・・・と思っても遅くはありません。今日からでも継続的に続ければお肌は確実に若返ります。

 

皆さんは正しいお肌の手入れが出来ていきますでしょうか?一緒に正しい若返り術を見直して、胸を張って出歩けるお肌作りをしてみましょう。

 

適切に肌をお手入れして10歳若く見られよう

たまに実年齢が想像もできないほど肌がきれいな方がいらっしゃいますよね。特に50代前後でものすごくきれいなお肌をお持ちの方にお話を伺うと、やはり日頃の肌ケアにはかなり気を遣っている方が多いようにおもいます。けれど、気を遣うと言ってもただやみくもに化粧品を使ったり、時間をかけてケアをしたり・・・というのとはまた違うんですよね。

 

いくつになっても綺麗なお肌を持っていらっしゃる方は自分に合ったお手入れ法を確立していらっしゃる方が多いように感じます。今、世の中にはさまざまなスキンケア法や商品がありますが、自分の普段の生活環境などによっても自分に足りない美容成分や重点的にケアすべき部分は異なります。もちろん体質もありますね。

 

50歳くらいになっても肌が綺麗な方は、このような点をしっかり見極めて無駄がなく適切なケアをしている方がとても多いように思います。そうはいっても誰にでも共通する基礎的な知識は必要です。肌を手入れする上でこれだけは押さえてきたい・・・というポイント疎かにすると、一歩進んだスキンケアをしても効果を発揮しないからです。

 

ここからは特に押さえておきたい肌若返のお手入れ法の基礎を見直していきます。みなさんはどれくらい当たり前に出来ているでしょうか?

 

肌年齢を若返らせるために押さえたいお手入れのポイント

毎日しっかり洗顔する

当たり前のことのように思いますが、日々の仕事疲れや飲み会などがあった後などはついつい洗顔をせずに寝てしまうという方もいるかもしれません。一日だけだし・・・と思っているあなた。過去一か月の間に同じようなことをしていませんか?こういうことは習慣化してしまうと定期的に繰り返してしまうのが人間です。

 

洗顔は皮脂汚れなどの油分を除去するために毎日行ってください。油はどんどん酸化して肌を変質させていきます。揚げ物につかった油がどんどん変色して臭いを出していくのを想像してみてください。肌を毎日洗わないというのはあの状況を肌上でおこしているのと同じことです。

 

角質がたまることで新陳代謝も妨げられ、肌状態はますます悪化していきます・・・。
毎日洗顔をする。今これを怠っている方は良い化粧品を買う前にこれだけは必ず実践するようにしましょう。

クレンジングと洗顔を両立させる

これも当たり前のことながらないがしろにしている方がいることです。クレンジングはメイクを落とすもの、洗顔は皮脂など顔に着いた汚れを落とすもの。基本メイクをしている女性はどちらか一方では顔の状態をリセットできません。

 

リセットできないということは汚れが酸化したり細菌が繁殖したりしてお肌はどんどん悪い方向へいってしまいます。洗顔と共にクレンジングも行うということを徹底しましょう。

自分に合った化粧品を

化粧品選びは女性にとってはとても神経を使う場面。使い勝手の良いアイテムを探しつつ、お値段も気にして、口コミはどんな感じだろう・・・と気になる部分はたくさん。しかしいかに他人が褒めていても、その人と自分の肌質は必ず違います。肌質が異なれば得られる効果や使い勝手も異なります。大切なのは自分に合った化粧品を選ぶこと。

 

特にデリケートな肌質であればあるほど合わない化粧品にお肌は悲鳴をあげがち。乾燥肌になったり吹き出物が出来やすくなります。これは化粧品だけでなく洗顔なども同じです。

 

自分に合った化粧品が確立されていない方はまずはいくつかタイプの異なる化粧品を試して違和感が少ないもの、特に肌へのダメージが感じられないものを探しましょう。また、あれもこれも・・・というのではなく、まずは最低限必要な化粧品のみを使うようにするのも大切です。メイクは肌へ少なからずダメージを与えますし、クリームのようなケア用品も使い過ぎはよくありません。

 

また、体調や季節によっても肌の状態は変わっていきます。その時々にあわせた化粧品を選べるように、ひとつベースになるアイテムが決まっても、場面にあわせて使える別の化粧品を余裕をみて探しておくことも大変ですが必要なことだと言えるでしょう。

しわやたるみをしっかりケアしよう

しわやしみのケアも老化対策には大切なポイントです。

 

しみに関しては原因となる紫外線を避けるために日焼け止めをぬるなどのケアしながら、肌を痛めて吹き出物などを作らないように基本的なケアをしていくことも大切です。

 

しわは肌のハリがなくなることで生じることが多いです。特に加齢とともに現れるシワは肌のハリがなくなり、なおかつ乾燥することで余計に目立って老化した肌に見えます。

 

保湿をしっかりと行いながらコラーゲンを十分に生成するためにコラーゲンの含まれている食材、ビタミンなどをしっかりと日々の食事に取り入れることが大切です。

食生活も肌手入れのうち?

肌を若く保つためには基礎的なケアをしっかりとすること。その上で自分に合った化粧品や手入れ法をピンポイントで実践していくことが大切であることが分かりました。

 

しかし意外と疎かにしがちなポイントがもう一つあります。それが食生活です。肌は外部からのケアには限界があります。それよりも身体の内から美しくしていくことで結果的に肌も綺麗になります。そのためには日々の食生活も考えなければなりません。

 

食生活は美容全般はもちろん、そもそもの身体の健康を保つ上でも重要な要素です。なるべく早いうちからバランスの良い食生活に切り替えていくことが大切になります。

 

では肌を若く保つ上で大切な成分にはどのようなものがあるのでしょうか?確認してみましょう。

コラーゲン

コラーゲンは肌の弾力を保つ上でとても大切な成分です。コラーゲンは体内に入るとアミノ酸に分解されますが、ビタミンCの力を借りて再合成されると考えられています。

 

そのためコラーゲン単体ではなくビタミンCもしっかりと摂ることが大切になります。

ポリフェノール

アンチエイジングに強力な味方となるのがポリフェノール。抗酸化作用が強く、身体が老化していくのを防ぐ作用があると考えられています。最近では赤ワインなどが取り上げられることが多いですが、大豆やチョコレート、果物などにもたくさん含まれています。どれかひとつを集中的に・・・というよりはポリフェノールが含まれている様々な食材をバランスよく食べることが結果的に食のバランスそのものにも繋がります。

正しいお手入れで肌を若返えらせよう

いかがでしたでしょうか?
肌を若返えらせるお手入れ法の基本はごく当たり前のことでもあります。しかしこれを確実に毎日続けることが出来ていない人も多いのではないでしょうか?そしてそのことが肌の老化を加速させる結果にもなっているのです。

 

ぜひ今日から徹底的に肌の手入れを見直して若返りを目指してみてくださいね。